FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

pipsってなんだ?

FX関連の本やサイトなど見ていると、+500pipsとか-240pipsとかでてくるよね。



これってなんだろう?



詳しくはまだ理解できてないけど、例えばドル/円の場合なら為替レートの最低単位の1銭が1pips(0.01円) 読み方は「ピップス」で良いのかな。



まぁ通常のFX会社は10000通貨単位とかだから、10000×1pips=10000×0.01=100円 10000通貨の取引で1pipsは100円ということになる。 クロス円の場合はこれが適用できます。



ユーロ/ドルなら為替取引での最低単位0.01ドルが1pipsということの様ですね。



他の通貨に関してはまだよくわかりません、わかる方教えて~あせる






追記(更新 2010年9月25日 土曜日



その後、もう少し理解しました。



例えばドル/円であれば現在は4桁で“84.46”とかこんな感じの表記。



この取引表記上の一番下の桁がpipsに相当する。



円で言えば0.01円(0.01円つまり1銭=1pipsだから分かりやすい)



ユーロ/ドルなら“1.4567”こんな風に5桁表記されている(1ドルを切ることがあれば4桁ですね)。



最後の桁の0.0001ドルが1pips



【どの通貨であっても取引表記上の最小桁が「pips」】と言うことができますね。



また理解が深まったら追記します!


FXをはじめよう!-間違いがあったらご指摘ください

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Google AdSense
プロフィール

オサムシ

Author:オサムシ
ネット通販やwebコンサルなどを経て、現在はサービス業のweb販促コンサルを本業とした傍ら、副業でアフィリエイトをしています。

完全に独学なので、大物アフィリエイターとはたぶん違う角度だと思いますけど、副業としては過分な収入を得ていますので、参考になると思います。

ネットビジネス
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

PC・携帯にURLを送ろう!
最新記事
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
最近のコメント
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。