スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「こだわり」なんて無いよ

先輩や上司に言われて感動した『ひとこと』教えて?
ブログネタ:先輩や上司に言われて感動した『ひとこと』教えて?
参加中









もう15年くらい前のことだけど、取引先の20才くらい年上の人と二人で呑んでいる時に言われました。





「こだわりなんて無いよ、そんなモン持つもんじゃねぇ」





前後の話は全く覚えてないけど、その言葉だけがなぜか心に響いて、事あるごとに思い出すんだよね。





そもそも「こだわり」って何だ?





なんとなくある頃からマスコミが「こだわりの店」とか、「あなたのこだわりは何ですか?」とか、肯定的な意味に使いはじめたんじゃないかな?





でも“こだわり”は“わがまま”とほぼ同義のように思う。





だから「こだわりの・・・・」とか言われると「ケッ!」と思ってしまうのだ。





自分の事を人に言うときに「私ってそういうのダメなヒトだからぁ~」とか言ってる輩いるじゃない。





アレに近い気がするんだよね。





ラーメン屋の店員さんに「当店自慢のこだわりスープです」とか言われるより、「当店ではスープを本当に一生懸命作っています」って言われた方が、よっぽど気持ちが良くない?





だって、ラーメン屋がスープを追求するのは仕事じゃないの?





「こだわり」と言う言葉を持ち上げ過ぎちゃいけません。





まぁだからと言って、これ以上「こだわり」について追求すると、結局こだわってるヤツになっちゃうからね。





「オレのこだわりは、こだわらない事」そんな事言ってるヤツもいたっけ。





おあとがよろしいようで。。









こだわ・る〔こだはる〕

[動ラ五(四)]



1 ちょっとしたことを必要以上に気にする。気持ちがとらわれる。拘泥(こうでい)する。

「些細(ささい)なミスに―・る」「形式に―・る」



2 つかえたりひっかかったりする。 ・ 「それ程―・らずに、するすると私の咽喉を滑り越したものだろうか」〈漱石・硝子戸の中〉



3 難癖をつける。けちをつける。 ・ 「郡司師高―・って埒(らち)明けず」〈浄・娥歌かるた〉



◆1は、近年、「一流の材料にこだわって作った料理」のように、妥協しないでとことん追求するような、肯定的な意味でも用いられる。











スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

1. ありがとう!

面白い話ありがとう!

遅くなりましたが、必殺ペタ返し!
また遊びに来ます(^^)v

2. 私にとって

はじめまして。

私は[こだわり]と口には しないけど、頭では よく意識しています。

だから日記に目がとまりました。

読んでから、自分にとって、[こだわり]って、別に変換したらなんだろうと考えたら、


「気にする・気をつかう」でした。

ラーメン屋さんなら、
割り箸まで気をつかう、
トイレットペーパーに気をつかう。

総合して[こだわってる]になりました、自分は。

で、自分が想う[こだわり]は、
「相手が もしかしたら気にするだろうことを、先まわりして気にする。」
ってことに おさまりました。

だから、ラーメン屋のスープは、「もしかして」じゃないから[こだわり]じゃない。
Google AdSense
プロフィール

オサムシ

Author:オサムシ
ネット通販やwebコンサルなどを経て、現在はサービス業のweb販促コンサルを本業とした傍ら、副業でアフィリエイトをしています。

完全に独学なので、大物アフィリエイターとはたぶん違う角度だと思いますけど、副業としては過分な収入を得ていますので、参考になると思います。

ネットビジネス
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

PC・携帯にURLを送ろう!
最新記事
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
最近のコメント
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。